火災保険の風災・ひょう災・雪災とは一体何か


ひょう災や風災、雪災といったものも火災保険で補償を受ける事ができます。

ひょう災は主にひょうに関する被害の事で、
ひょうが窓ガラスに当たって割れてしまったり屋根が壊れてしまったりした時に
この保険を適用させる事ができます。
風災は台風や暴風、旋風、暴風雨が原因で被害を受けた時に利用する事ができます。
竜巻も旋風に含まれるので竜巻が原因で家に被害が出た時もこれを利用する事が可能となっています。
しかし、台風による被害といっても、実際に被害を受けた原因は水にある場合は
水害という項目に当てはまるため風災で補償を受ける事はできません。

台風の場合は風による被害でなければ補償はまず受けられないでしょう。
そして雪災ですが、これは豪雪や雪崩が原因で家が倒壊したり被害を受けた時に貰える補償です。
雪に関する事はこれになりますが、雪災でも注意しなければならない事があります。
雪が積もっていた頃は何の被害も無かったけれど、
大量の雪が溶けて洪水になった時に被害を受けた場合は雪災ではなく
水になってしまっているので水害になります。
ですので雪災での補償は受けられないという事です。

被害を受けた原因によっては項目が別になってしまう事が良くあるので、
万が一の時の為に水害の補償にも加入しておくと後々役立ってくれるのではないでしょうか。


posted by 地震災害 at | 地震災害の疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気FX比較
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。